TEL LINE web

産後の膝痛 なぜ? 原因を解説 | 岡崎市で接骨院をお探しなら【いなぐま接骨院】|産後骨盤矯正

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正 > 産後の膝痛 なぜ? 原因を解説

産後の膝痛 なぜ? 原因を解説

2020.08.29 | Category: 産後の骨盤矯正

当院患者様でも多く悩みを抱えている、産後の膝痛。

膝痛は年を取ってからなるのもだと思っていて、実際になるとショックを受けていませんか?

 

ただ単純に膝痛といっても膝の中でも痛い場所や、痛みかたは様々です。なので今回は「産後の膝痛」に絞って解説していきたいと思います。

まずは出産前後に「リラキシン」というホルモンが分泌されます。リラキシンが分泌されることにより体の靱帯や関節が緩み、赤ちゃんが産まれやすくなります。陣痛の際には大量にリラキシンが分泌され、体はより緩み関節は不安定な状態になっています。

更に子育てにより、床にしゃがみ込むことが増えます。立膝や立ち上がりなどの繰り返しにより、膝への負担も増えます。

また、産前産後では以前より運動量が劇的に減少すると思います。運動不足により膝周りの筋力が低下し、膝の安定性が失われます。

 

このようなことから産後の膝痛が起こりやすいです。

産後の骨盤矯正は歪みを整えるだけではなく、ホルモンを整える効果も期待できます。

 

あとは膝の筋力がついていきますと、膝痛が軽減されるでしょう。

膝の運動方法は下にある動画に解説してありますので、ぜひご覧下さい。

 

 

 

いなぐま接骨院

岡崎市稲熊町5丁目37-39

(0564)64-7277