TEL LINE web

手のケガ | 岡崎市で接骨院をお探しなら【いなぐま接骨院】|産後骨盤矯正

お問い合わせはこちら

手のケガ

手のケガは、ある日ふとした瞬間や、スポーツの一瞬で予期せぬ時に起こるものです。痛みや腫れをそのまま放置して治すと、痛めた箇所に鈍痛やこわばりが残ってしまうこともあるため、いなぐま接骨院で丁寧に施術を重ねてまいりましょう

 

この様な場合は早期にて施術することが、早く治る第一歩です。
放置して後遺症を残したり、痛みが長引かせるのを防ぎましょう。

手のケガはスポーツの際に起こりやすいだけでなく、日常生活のふとした瞬間にも起こりうるケガです。病院にかかっても、テーピングで固定されるだけか、湿布薬の処方だけで放置されやすい怪我ですが、そのような処置を行うだけでは、損傷が回復しきらず、違和感が後遺症となって残ってしまったり、痛みが長引く恐れがあるため、注意しなくてはなりません。

突き指には、どこに損傷が起こっているかによって種類があります。指の靭帯に損傷が起こっているのか、軟骨に起こっているのかによって、施術方法が変わってきます。軟骨の損傷は、病院で行われるレントゲン検査に損傷部位が写り込みにくいため、ただの突き指として処理されやすい傾向にありますが、無施術で回復を待った場合には、指関節の可動に問題が残ってしまう可能性が高いため、最初からきちんと施術を施しておくのが理想的です。

いなぐま接骨院では、手のケガにお悩みのお客様へ事前にしっかりと診察を行い、お一人お一人のお怪我の状態に合わせた専門施術を行います。平日は夜20時まで予約優先制で受付を行っておりますので、ご都合に合わせて気軽にご連絡ください。