TEL web LINE

症例 肉離れ | 岡崎市の産後骨盤矯正といえばいなぐま接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害,症例 > 症例 肉離れ

症例 肉離れ

2018.03.27 | Category: スポーツ障害,症例

50代後半の方で、肉離をされた方です。

 

テニスをされていて、前方にボールを取りに行く際にふくらはぎの肉離れを起こしました。

 

来院時は歩くのが痛く、足を引きずって来院されました。

 

かなり痛がっていました。

 

 

肉離れの施術としてはアイシングが必要ですが、冷やしすぎると回復が遅くなるので、冷やしすぎには注意してください。

 

当院の施術としては超音波や、ハイボルテージを使い、回復を早めていきます。

 

 

         

 

施術としては、患部以外の柔軟性を上げます。

 

安静にするだけでは痛、みが引いても筋肉の硬さが残っているため、再受傷したり、違和感がなかなか取れなかったりすることがあります。

 

そのため当院では、痛みが引いたらすぐ動ける状態を目指します。

 

 

必要があればテーピングなどで固定もします。

 

 

 

概ね回復してきた頃にはトレーニングも入れて、完全復帰を目指します。

 

 

 

 

今回のお客様も、2週間経つ頃には日常生活もほぼ問題なくなり、3週間後には無事にテニスに復帰されました。

 

 

肉離れを起こした際には様子を見るのではなく、早期に回復させる施術をし、違和感を残させないような施術を受ける事をオススメいたします。