TEL web LINE

坐骨神経痛

坐骨神経とは、人体の中で最も太く長い神経で、腰から足先に伸びています。

坐骨神経痛とはその坐骨神経に何らかの障害が起きることです。おもに坐骨神経が圧迫や刺激をうけ、痛みやしびれの症状が出現します。

原因としては、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症や梨状筋症候群などがあります。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は首から腰にかけて、『頸椎(けいつい)』『胸椎(きょうつい)』『腰椎(ようつい)』に分かれています。

その腰椎の間にある椎間板といわれるものが、中腰などの繰り返しにより神経に触れることを、腰椎椎間板ヘルニアといいます。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の中央に脊髄神経が通ります。その脊髄神経の通り道が狭くなることにより神経を圧迫することを、腰部脊柱管狭窄症といいます。

加齢や腰に負担を多くかけたことにより、骨が変形してくることが原因となります。

梨状筋症候群

梨状筋とは、お尻にある筋肉の一つです。その梨状筋の間を坐骨神経が通過します。

何らかの影響で梨状筋が緊張状態になり、坐骨神経を圧迫することを梨状筋症候群といいます。

がに股の人や股関節周りの柔軟性が悪いと、梨状筋が緊張状態になりやすいです。

 

病院や整形外科でレントゲンやMRIを撮影しても、原因不明と言われることがあります。

岡崎市のいなぐま接骨院では、神経の圧迫がどこにあるのかを検査し、原因となっている部位を特定して施術を行っていきます。

そして、いなぐま接骨院では手技療法やハイボルテージという最新治療器を使い、痛みやしびれの早期改善を目指します。

神経が圧迫されている期間が長いと症状が長期化します。考えてみて下さい。

正座をして足がしびれだしたときに立ち上がれば、すぐ治りますよね。逆に長時間正座した後は、なかなかしびれは治りません。神経が圧迫されている期間が短い内にしっかりと治療を受けましょう。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒444-0071 愛知県岡崎市稲熊町5丁目37-39
駐車場共同駐車場12台
電話番号0564-64-7277
予約お電話・LINE@でのご予約が可能です。
休診日水曜 午前、土曜 午後、日曜・祝日