TEL web LINE

腱鞘炎

 

腱鞘炎でお悩みの方は、岡崎市・安城・豊田のいなぐま接骨院にぜひご相談下さい。少しでも早く良くなる施術を受けましょう。

腱鞘炎の腱鞘とは、腱を取り囲んでいる鞘(さや)のことをいいます。日本刀でいうと刀が腱で、鞘(さや)が腱鞘です。

腱鞘の中を腱が行ったり来たりすることにより、手首や指が動きます。

腱鞘炎になる原因は、手首や指の使いすぎです。それによって腱が炎症を起こし、腱が太くなったり、腱鞘が肥厚化して腱の通り道が狭くなったりします。そして、腱の動きがスムーズにならなくなり、痛みが出現するのです。

場合によっては、腱と腱鞘の間で引っかかりが起こり、『ばね指』へと繋がっていきます。

また、妊婦さんや産後の方に多いのが、手首の親指側が痛くなる、『ドゥ・ケルバン病』という腱鞘炎もございます。

腱鞘炎は、痛みが強すぎる場合には固定をし、使用しないことが一番ですが、どうしても仕事や家事で手首や指を使うため、固定できない方も多いと思います。

いなぐま接骨院では、

①筋肉の柔軟性を改善し、腱への負担を減らします。

②電気を使い痛みを感じづらくさせます。

ハイボルテージという、最新施術器もございますので、痛みが強い場合には、ハイボルテージでの施術をオススメ致します。

③必要ならば、テーピングをします。

いなぐま接骨院のテーピングは撥水性のため、2・3日貼っていても問題ありません。(入浴も可能です)

いつまでも痛みを我慢しておくと、手術をしなければならなくなる場合もありますので、お早めにいなぐま接骨院へご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒444-0071 愛知県岡崎市稲熊町5丁目37-39
駐車場共同駐車場12台
電話番号0564-64-7277
予約お電話・LINE@でのご予約が可能です。
休診日水曜 午前、土曜 午後、日曜・祝日