TEL web LINE

打撲

転んだ際や、どこかにぶつけた際に起こる打撲。その打撲でなかなか痛みが引かないことはございませんか?いなぐま接骨院は打撲を早期に改善させます。

 

別名『打ち身』とも言います。サッカーで相手の膝が太ももに当たった場合は『ももかん』などとも言います。

症状としては内出血が起こったり、腫れたり、熱感があったりします。

 

応急処置

(RICE処置)

Rest(安静):患部を動かさないようにして、安静を保ちます。

Icing(冷却):氷水を使いましょう。氷嚢(ひょうのう)または袋に氷水を入れたもので、患部を冷やしましょう。15~20分程度にし、長時間冷やさないようにして下さい。

また、保冷剤でも良いですが、その場合は凍傷に注意して下さい。

湿布には冷やす効果は少ないので、Icingの後に行うといいでしょう。

Compression(圧迫):包帯などで圧迫することで、腫れや出血を抑えられます。

Elevation(挙上):患部を心臓より高い位置に上げて下さい。上げることにより、出血を抑えれます。

 

そして打撲の場合、骨折との鑑別が必要となります。

 

骨折との鑑別

・普段とは違う動きがある

・ゴリゴリ音がする

・変形がある

こういった場合は骨折の可能性が高いので、医療機関を受診しましょう。

そういった症状がない場合でも骨折の可能性があります。

なるべく自分だけで判断するのではなく、専門家に相談しましょう。

 

当院では低周波治療器やハイボルテージという機械を使い、痛みを早く取り除き、早期回復を目指します。

そして、痛めた組織が硬くならないように施術も行っております。

安静のみですと痛めた組織が固まる事があり、一度固まると患部が動かしづらくなることがございます。

打撲を早く治したい方は、岡崎市のいなぐま接骨院へご相談下さい。

平日20:00まで受付を行っております。土曜も診療を行っております。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒444-0071 愛知県岡崎市稲熊町5丁目37-39
駐車場共同駐車場12台
電話番号0564-64-7277
予約お電話・LINE@でのご予約が可能です。
休診日水曜 午前、土曜 午後、日曜・祝日